借地権の仕組み

マイホームを建築したい、という場合に最も資金としてネックとなるのはどこでしょうか?勿論、非常に豪華な住宅を建てるというのであれば、住宅建設の費用が大きくなりますが、そうでない場合は「土地」の価格というのが最も大きい事が多いと言えます。
そのため、この土地の費用を抑える事ができれば、マイホームを購入するための費用全体を大きく抑える事が可能になります。

この目的として利用されることがあるのが「借地」です。
つまり、土地は借り物を利用し、その上にマイホームを建築する、という形を取るわけです。
ただ、この方法を採る場合の懸念事項となるのが、土地の持ち主から返却を要求されることでしょう。
土地の代金が安くなっているものの、マイホームを建てた場所を立ち退かされる、というのでは困ってしまいます。
これについては国側もわかっており、借りる側にとっても有益な制度とするために「借地権」というものが設定されています。
これは借地を利用する人の権利であり、この規定の中であれば持ち主の退去命令などに対しても拒否をする権利があるわけです。

ただ、そうなってくると今度は貸す側に問題が発生します。
一度貸してしまったら、もう二度と土地が戻ってこなくなってしまうのでは?という懸念があるわけです。
こうなると、土地を貸しにくくなってしまうでしょう。
両者にとっての利益を守るためには適切な借地権の有効期限というものが必要ですが、現在の法はどうなっているでしょうか。


▼推奨サイト▼
借地権に関する法律について相談出来るサイトです → → 借地権 相談

Copyright © 2014 借地権に有効期限はあるの? All Rights Reserved.